フェカリス菌に関するネット検索の最近の傾向

乳酸菌に関心を抱いている方々は、しばしばネットで情報を検索しています。その際に検索エンジンを用いている方が多いのですが、そのキーワードの1つにフェカリス菌があります。
主に花粉症に対して効果を発揮してくれる乳酸菌ですね。またインフルエンザなどにも大きな効果が見込める菌類なのですが、ネットでそのフェカリス菌というキーワードで検索をしている方も多く見られる訳です。

 

WEB検索でのフェカリス菌の傾向とその2つの特徴

 

ところでフェカリス菌という検索ワードには、2点の特色があります。特定の時期に多く検索されるのと、ここ2年間でその件数が伸びているのです。
まずは後者の件数なのですが、少なくとも2年前に比べれば大きく増えている事だけは確実です。2年前におけるフェカリス菌というキーワードでの検索件数は、だいたい29万件前後だったのですね。数ある乳酸菌の中でも、かなり件数が多い方です。乳酸菌によっては、数万件前後にとどまっている事もあるからです。
それで去年になってから、その件数がさらに増えてきています。去年の場合、まず前半はおおむね29万件前後だったのですね。それで6月頃から徐々に件数が増えてきていて、30万件前後になった時期もあります。ですので2年前に比べれば、1万件ほど検索件数が増えていた事になるのですね

 

出典:ビフィズス菌

 

そして今年に入ってから、その件数が劇的に伸びてきています。今年は2月などは件数が少ない方ですが、それでも34万件前後になります。今年は右肩上がりの状況なのですが、総じて38万件近くになっている状況です。
ですのでフェカリス菌というキーワードは、ここ2年間で検索件数が伸びてきているのでしょう。そして、特定の時期にその件数が伸びてきています。
まず去年ですが、1月は35万件前後でした。さらに今年は去年の12月に比べれば遥かに件数が増加していて、39万件前後だったのですね。ですのでフェカリス菌というキーワードは、1月に増加している事が分かります。
察するに、インフルエンザではないでしょうか。1月はインフルエンザが流行するものですね。
それと去年の5月なども比較的件数が多くて、32万という数字を記録しています。それと今年に入ってからは、5月は40万件前後になっているのですね。つまりフェカリス菌の関連商品は、5月に需要が高まっているのです。恐らく花粉症を予防しようと思って、その時期にフェカリス菌の製品を購入している方が多かったのでしょう。
つまりフェカリス菌は、まずここ2年間で需要増えている訳ですね。さらに1月と5月に需要が高まるのも、その菌類の特徴の1つと言えるでしょう。